お仕事紹介:福咲和紙

September 9, 2018

Willing Hands On が行ったお仕事の紹介!第4弾です。

 

ご縁あって知り合った、福島県福島市の紙問屋「株式会社三和紙店」さん。

新規開発商材のネーミングおよびマーケティング調査をご依頼いただきました。

 

◎株式会社三和紙店 http://snw3.co.jp

 

2017年夏からご依頼いただき、今年のはじめに、

当プロジェクトを「咲色プロジェクト」、和紙の名称を「福咲和紙」と命名。

 

 

通常、紙問屋さんが紙を新規開発することは稀です。

しかし、現副社長である小野さんはずっと、福島の名産である桃の果樹園で、

剪定されて捨てられている大量の枝が勿体無いと思っていました。

紙は木から出来ているのだから、この枝も紙になるのではないかと(たしかに!)。

 

しかし、なかなかそれを実現するに至らないまま10年が経過。

ひょんなことから、同じく福島県鮫川村の手漉き和紙職人と出会い、

桃の枝を使った和紙が出来上がったのだそうです。それが2017年の年のはじめ。

 

そこから実際商品化を目指し、大手製紙メーカーなどとも組んでプロジェクトは進行。

2018年春に、切り絵作家の展覧会のタイミングで、お披露目されました。

 

◎咲色プロジェクト http://snw3.co.jp/sakiiro.html

 

 

和紙がリリースされたのと同時期に、

その和紙を使った「桃のお土産ボックス」のプロジェクトがスタート。

せっかく桃の枝で作った和紙なのだから、

名産の桃を手軽に持ち運べる箱を作ろうということになり、出来上がったのがこのボックス!

(イメージはケーキの箱です♪) 

 

 

 

このボックスの側面にはコピーが書かれているのですが、

このコピーライティングおよびリライトを担当させていただきました。

 

 

 

 

この箱は、7月末に福島県の物産を扱う「日本橋ミデッテ」の桃フェアにて登場。

「あかつき」という品種2個入りで販売したところ大好評だったそうです!

即完売していまい、急遽桃を福島から調達したほどでした。

 

和紙のネーミング・市場調査から始まった当プロジェクト。

さらに多くの方や企業に認知されるよう、サポートを続けてまいります。

 

********************************

 

商品のネーミングのお仕事のご依頼は、下記までお問い合わせください。

https://www.willing-hands-on.net/contact

 

********************************

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

SINGLE POST

〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター​内

​© 2016 Willing Hands On