About

想いをもつ人にこそ、言葉のチカラを。

「いろいろな社会の課題を解決したい」

「もっと社会を豊かに、面白くしたい」

そのような熱い想いを持つ方々の活動を、

言葉のチカラでサポートすることを目指し、

2016年、Willing Hands On は生まれました。

willing hands とは、自発的な手助けのこと。

hands on とは、体験から理解を深めること。

体験型の学びや手法を通して、

さまざまな活動をする方々を応援しています。

言葉のチカラは侮れません。

自らを推進するチカラとなり、誰かを動かすチカラとなります。

言葉を作り上げるプロセスは、

自らが本当に大切にしているものに気づく道のりでもあります。

小さな組織や非営利団体では、

一人が何役も担うことは珍しくありません。

企画立案、広報、集客、運営、事務など、

ほとんどを担当し、奮闘しているのが現状です。

広報のみを担当することがないからこそ、

すべてを通して役立つ「考え方」を知っていただきたい、

それがWilling Hands On の願いです。


【主な事業内容】

・コピーライティング

・コピーライティングに関するセミナー、ワークショップ

・コピーライティングに関するコンサルティング

・ファシリテーション​

​Profile

Willing Hands On 代表
高瀬 桃子 Momoko Takase
 
1981年東京都出身。23区内育ちでありながら、幼い頃から山と森と木が好きという徹底した緑好き。そのまま、大学では植物生態学を専攻。沖縄県西表島をフィールドにマングローブ林に関する卒論に取り組む。
2004年、大学卒業とともに、山梨県北杜市にある公益財団法人キープ協会環境教育事業部に「インタープリター(自然解説員)」として入職。中学生の頃、キープ協会の子どもキャンプに参加していたことがきっかけ。八ヶ岳の麓で、体験型活動を通して自然の素晴らしさ・面白さを伝える仕事に従事した。ここで身に付けた「インタープリテーション」のスキルが今後すべてに影響を及ぼす。
2007年、学習塾栄光ゼミナールに中途入社。教務以外にもイベント運営、アルバイト講師の育成などなど、子どもたちとのめまぐるしい日々を過ごす。ここで人前で話すスキルが鍛えられた。
2010年、公益財団法人日本野鳥の会に入職。国内最大規模と言われる自然保護団体。そのなかの物販部門に所属。自然に関する商品開発・カタログ制作を行なう。商品選定、仕入れ、カタログレイアウト、コピーライティング、受注、店員、経理、営業など物販に関わるありとあらゆることを経験。その間、NPO・NGOの広報力や発信力の弱さを課題に感じ、会社勤めの傍らコピーライティングやデザインの勉強を行なう。2011年、宣伝会議コピーライター養成講座修了。
2016年、NPOなど非営利組織や小さな団体向けに広報力アップ(特に表現力)をサポートする事業「Willing Hands On」をスタート。非営利、営利組織双方を経験していることを強みに、コピーライティング業務をはじめ、セミナー・ワークショップなどを通して、団体や個人が将来にわたり活かせる情報発信力を身に付けられるようサポートしている。コピーライティングに限らず、紙面デザインなどライティングとトータルでのご依頼や、NPOなどに限らず起業をこれから志す方々など幅広くコピーライティングを必要とする人のサポートを行なっている。
現在は、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程前期に在学し、ボランティア活動の一つである「プロボノ」について研究を行っている。

〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター​内

​© 2016 Willing Hands On