SINGLE POST

「ドトール、のち、はれやか。」


「ドトール、のち、はれやか。」

(doutor coffee)

https://www.doutor.co.jp/dcs/newbrand/index.html

何かと持論が展開されがちな「コーヒー」という商材。

だけど、このコピーに関して言えば、 ドトールのコーヒーのクオリティは関係ありません。 (いや、大前提として不味いコーヒーではダメだけど)

「ドトールコーヒーに行くと、心も表情も晴れやかになる。」 と言ってしまえば、「ドトールとはそういう場所なのかぁ」 と思わせる効果を出せる!というのがこのコピーの肝。

ドトールよりうまいコーヒー出すチェーンは他にもあるだろうし、 コンビニコーヒーも結構いい勝負だったりするし、 ましてこだわって豆を挽いてドリップするお店とは、あらゆる点でいろいろ違う。

だけど、ドトールさんは「美味しさ」には言及しない。 「ドトールとはこういう場所です」と宣言を先に出す。 「ドトールはそういう場所でありたい」と言う。 そこにとても意味がある。

味で勝負するのなら、また別のコピーになるはずなのです。

ドトールは、 ドトールという空間が顧客に何を与えられるのか、 ドトールが看板として表に出したい価値は何か、 を深掘りしてみた。

そしたら、 『ドトールに来ると人は気持ちを切り替えられる』 という価値にたどり着いた。

そして、「はれやか」というキーになる言葉とともに、 素敵なフレーズを作り上げた、ということなのですね。 (このキーになる言葉を探すのがまたまた大変なことなんだけど)

これまたお手本のようなキャッチコピーと、ボディコピーです。 いろいろ勉強になります。

一点、「はれやか」がひらがなの理由が、解明できないのがちょっとモヤモヤする…。 これを解明するのも勉強のうち、ですね。

〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通3-33 関内フューチャーセンター​内

 

info@willing-hands-on.net

​© 2016 Willing Hands On